2020年9月29日
Breaking News

新しい働き方として注目されているフリーランス

フリーランスとは、決められた企業をはじめ団体や組織に属することなく独立した形態で自分自身の専門知識やスキルを提供し、その対価を得る人のことを言います。フリーランスは、自分のスキルを武器に生計を立てていかなければなりません。

IT系やWeb系ではエンジニアやプログラマといった職種が一般的に知られていますが、そのほかにもさまざまな職種が存在しています。
フリーランスとして活躍するには、高い専門性やスキルに加え、才能や人脈、努力など要素が必要になります。そしてそれぞれの専門性を活かすには、IT系が適していると言われています。

IT系のフリーランスは、デザイナー・ライター系やエンジニア・プログラマ系、ブロガー・アフィリエイター系の3つの職種に分けられます。そして持っているスキルによって、いくつもの職種に対応できることもあります。
デザイナー・ライター系は、依頼者の要望の応じたWebページやロゴデザインを作成するWebデザイナー、Webページの掲載するイラストなどをデザインするグラフィックデザイナー、商品の売り上げを目的としたキャッチコピーなどを作るコピーライターのほか、Webメディアのコンテンツを作るWebライターが含まれます。
エンジニアは、職種によって業務内容が細かく規定されています。一般的に、システムエンジニアやネットワークエンジニアが上流工程を担当し、プログラマが下流工程を担当してプログラミングを行っています。
ブロガーは、自分自身のブログで誰しもが興味を持つ記事をブログに書くことで広告収入を得る仕事です。アフィリエイターはアフィリエイト広告から収入を得るため、広告主のサイトに導いて商品の購入につなげる工夫をしなければなりません。

このようにそれぞれの職種によって仕事内容は異なるため、自分のスキルに見合ったものを選択することが大事です。