2023年12月4日
Breaking News

やり方次第で稼げるフリーランスを目指す

IT業界は以前よりも盛り上がりを見せていますが、エンジニアの数が足りていないのが現状です。そのため就職を考えるなら、重要のあるエンジニアを目指しましょう。
エンジニアとして働く場合会社員として働く方法もありますが、フリーランスならやり方次第で会社員よりも多く稼ぐことができます。さらに自由度が高いなどのメリットがあるため、フリーランスを目指すエンジニアは多いです。
今やオンライン塾などプログラミングを学べる環境が整っているため、未経験からフリーランスになるケースも少なくありません。

なお、フリーランスになる場合、スキルを学び続けることはもちろん、自己管理が求められてきます。
会社員であれば、体調を崩して休んだとしても他の社員が自分に代わって仕事をこなしてくれるかもしれません。さらに有給休暇を取り入れている企業もたくさんあるため、有給を使えば会社を休みつつ給料をしっかり受け取ることができます。

一方、フリーランスとなると、体調が悪くなったとしても仕事の納期が迫っていれば、無理してでも仕事をこなさなければなりません。フリーランスになりたての頃は、この体調管理がうまくできない人がよくいます。最初のうちは頑張りすぎたために体調を崩しやすくなり、満足のいく仕事ができないということも珍しくありません。

フリーランスとしてやっていくなら、睡眠時間の確保やバランスのとれた食事など、体調管理に注力することが大切です。体調管理に注意して着実に仕事をこなしていけば、フリーランスにありがちな将来への不安を感じることなく働けるようになるでしょう。